民間企業が初めてトラックレースの強化事業支援! 楽天関連会社がJCFと合意

ニュース

 

JCF(日本自転車競技連盟)と、楽天の連結子会社でインターネット勝者投票券(車券)購入サイト「Kドリームス」を運営するケイドリームスは、共同で自転車のトラックレースの強化事業を支援し、自転車競技振興に取り組むことに合意した。民間企業が自転車のトラックレースの強化事業を支援するのは今回が初めてとなる。

ケイリンからマディソンまで幅広く支援

自転車のトラックレースは、自転車競技場内で着順やタイムを競い合う競技。日本発祥のケイリンをはじめ、チームスプリント、スプリント、チームパシュート、オムニアム、マディソンは東京2020オリンピック競技大会の正式種目となっているが、以前から日本代表選手の国際的競争力も高く、近年のワールドカップや世界選手権で優勝や入賞が相次いでいる。日本自転車競技連盟とケイドリームスは、国際的にも人気の高いトラックレースの強化を通じ、日本の自転車競技人口の増加とナショナルチームのさらなる発展、国内の自転車競技全体の活性化につなげたいという思いから合意に至った。両者は2024年いっぱいまで共同で以下の取り組みを行うという。

取り組み内容

1.トラックレースの強化指定選手の支援対象拡充

これまで、強化指定選手に対する奨励金は、トラックレースエリート強化指定選手「A」に限られていました。今回新たに支援対象を強化指定選手「B」にまで広げ、より多くの選手の育成強化とキャリア構築支援を図ります。これにより、次世代の自転車競技人口のすそ野拡大につなげます。

2.有望なトラックレース競技者を対象とした育成強化事業「HPCJC(High Performance Center of Japan Cycling)」の支援

HPCJCが行っている世界トップレベルを目指すためのトレーニング環境の整備や育成プログラムの強化にあわせて、選手の海外遠征やアワーレコードチャレンジやタイムトライアルを支援し、選手の育成とモチベーションの向上を図ります。

3.「Kドリームス」のサイト上に特設ページを開設し、トラックレースの配信やイベントを実施

全日本自転車競技選手権トラックレースなどの国内トップレベルのレースの配信やイベントの開催を通じて、幅広い自転車競技のファン層に向けてトラックレースの認知向上を図ります。

4.その他、トラックレースの強化事業に関わる取り組みを共同で推進

楽天グループは、これまでも幅広く自転車競技の振興に携わってきました。楽天の特例子会社である楽天ソシオビジネスには、パラサイクリング日本代表の杉浦佳子や藤井美穂、タンデムの倉林巧和、木村和平が所属し、アスリートとして数多くの成績を残しながら、競技活動と仕事を両立させています。また、ケイドリームスは、2008年に重勝式車券を発売開始して以来、10年以上インターネット車券購入サイトとしてサービスを展開しています。さらに、2017年からは日本自転車競技連盟のオフィシャルスポンサーとして支援をしてきました。今回のトラックレース選手の強化支援を通して、競輪のレースの魅力向上に貢献するとともに、従来の競輪ファンに加えて自転車競技ファンへ「Kドリームス」の認知を高め、新たなユーザーの獲得を目指します。

日本自転車競技連盟は、ケイドリームスとの取り組みを通じてナショナルチームの強化と次世代選手の育成を行うことで、日本が継続して世界の自転車競技のトップに立ち続けることを目指します。さらに、自転車競技の認知拡大を図り、自転車競技が国内の人気スポーツの一翼を担う種目に成長することに挑戦します。

今後の活動

今後の活動期間:2021年1月1日(金)~2024年12月31日(火)

2021年の主な施策(予定)
(1) トラックレースエリート強化指定選手「B」への奨励金の拠出
(2) 日本自転車競技連盟の強化事業の一環であるチームの海外遠征などへの支援
(3) アワーレコードなど公式記録会の実施
(4) トラックレース認知向上のため「Kドリームス」上への特設ページ開設、全日本選手権などレースのネット配信
(5) エキシビションレースなど、オリジナルイベントの実施

外部リンク:トラックレース強化事業支援特設サイト

 

こちらもどうぞ

ニュース

Posted by ロバ