Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

新着ピックアップ

セブンイレブンが自転車シェアリング事業強化、2018年度中に1,000店舗で導入

ニュース

2017年11月20日、セブン – イレブン・ジャパンは、「HELLO CYCLING」ブランドで自転車シェアリングシステムを提供するOpenStreetと協業し、同システムで利用する駐輪スペースを提供していくと発表した。2018年度中に1,000店舗での設置を予定する。

さいたま市の店舗ですでに設置開始

設置イメージ

セブン – イレブン・ジャパンのWebサイトによると、11月21日からさいたま市内の店舗に設置を始めており、原稿執筆時点で9店舗に設置完了しているもよう。設置されるシェアサイクルの提供やシステムの運営は、自転車店チェーン「ダイシャリン」で知られるシナネンサイクルが行う。

「HELLO CYCLING」の利用者は、スマートフ ォンやパソコンで「ステーション」の検索、自転車の利用予約、決済までの一連の手続きを簡単に行える。また、「ステーション」であればどこでも自転車を返却することが可能だ。 なお「HELLO CYCLING」を活用した自転車には GPS機能が搭載された鍵「スマートロック」が取り付けられており、今後のサービス展開として「スマートロック」で収集される自転車の位置情報を活用し、自転車の借用・返却時にセブン‐イレブン店舗で利用できるクーポン配信などのマー ケティング施策も検討する。

各地の自治体事業も並行して提供

今回の協業のほか、セブン – イレブン・ジャパンは東京都特別区の自治体が運営するシェアサイクル事業に協力するかたちで、これまでドコモ・バイクシェアのシステムを採用するサービスと協業してきている。今回はまず、それらの枠組みで展開していない埼玉県を中心に展開していくとみられるが、随一の店舗数を誇る同社の今後の動きが注目されるところだ。