「SHORTFIT2.0」2022年モデル発表、前モデルより6ミリ幅広に|selle sanmarco

ニュース,製品情報

selle sanmarco(セラ サンマルコ)から、ショートサイズのサドルシリーズ「SHORTFIT2.0」の2022年モデルが発表された。ナロー、ワイドともに6ミリ幅広になっており、激しいペダリングでも安定性を保てるよう進化している。

SHORTFIT 2.0 – THE EVOLUTION OF A SUCCESSFUL MODEL

今回の2022年モデルは横幅が140ミリ(ナロー)、155ミリ(ワイド)となって前モデルより共に6ミリ幅が広くなり、最大の特徴であるサドルの短さと中央の巨大なホールに加え、たっぷりと後部サポートが充実。骨盤をはげしく揺らすペダリングでハンドルバーに近づいてしまうライダーにも適したものとなった。
今回は「カーボンFX」「レーシング」「ダイナミック」「スポーツ」に加え「レーシング スーパーコンフォート」「ダイナミック コンフォート」も用意され6タイプのラインアップとなる。

LINE UP

SHORTFIT 2.0 Open-Fit Carbon Fx
27,500円(税込)

SHORTFIT 2.0 Open-Fit Supercomfort Racing
22,000円(税込)

SHORTFIT 2.0 Open-Fit Racing
20,900円(税込)

SHORTFIT 2.0 Open-Fit Comfort Dynamic
14,300円(税込)

SHORTFIT 2.0 Open-Fit Dynamic
13,200円(税込)

SHORTFIT 2.0 Open-Fit Sport
8,800円(税込)

詳細:selle sanmarco SHORTFIT 2.0シリーズ商品情報(日本取扱代理店/ポディウム)

 

こちらもどうぞ