東京五輪自転車ロードレース競技関連の大型装飾掲出、12月26日まで延長|相模原市

ニュース

神奈川県相模原市が、東京五輪自転車ロードレース競技の開催にあわせ、コース沿道に掲出していた大型装飾、大会ピクトグラムの掲出期間を12月26日(日)まで延長すると発表した。当初は9月6日(月)までとしていたが、緊急事態宣言が続いていることから、観覧機会を確保するためという。以下、市の発表より。

東京2020オリンピック自転車ロードレース競技関連大型装飾の掲出期間の延長について

東京2020オリンピック自転車ロードレース競技の開催に伴い、コース沿道に掲出しました大会ピクトグラム等を使用した大型装飾については、本年9月6日(月曜日)まで掲出を予定しておりましたが、緊急事態宣言下で外出を自粛している方にも、できる限り現地でご覧いただく機会を確保するため、掲出期間を延長することとしました。

掲出期間

令和3年12月26日(日曜日)まで
※ 緊急事態宣言の期間が延長されても、同日を超えての掲出期間の延長はありません。
※ 台風等荒天により掲出期間内であっても終了する場合があります。

設置場所

 

装飾内容

大会ピクトグラム横断幕(縦9m×横20.454m) 1枚
大会コアグラフィックス横断幕(縦1.9m×横9.5m) 9枚

詳細:相模原市の発表(相模原市ホームページ)

こちらもどうぞ