SOU・SOUとルコックスポルティフのコラボ、今年の春は和柄スニーカー登場

ニュース, 製品情報

自転車の街京都のテキスタイルブランド「SOU・SOU」と、ツール・ド・フランスをサポートし続けるルコックスポルティフがコラボしたサイクリングウェアブランドから、今年は春の楽しさを感じさせる和柄のスニーカーが新たに追加された。新5モデルが好評発売中だ。

『モンペリエ』メイドインジャパンモデルに新柄が登場

今年追加された新柄は、ルコックスポルティフを代表する定番スニーカー『モンペリエ』に、日本らしい和のモチーフとしたテキスタイルデザインを合わせたもの。デザインはもちろん、「SOU・SOU」のテキスタイルデザイナーである脇阪克二によるものだ。

左:SO-SU-U
世界中で広く使われているアラビア数字は、記号としてよくできていて、しかも愛着の持てる形をしている。独特な手描きのタッチが魅力的。

中:うらら
早春のやわからかな緑の中に、丸いかわいいつぼみがふくらみを増していくさまを描いた。つぼみが花咲き、うららかな春はもうそこまで来ている。

右:東山三十六峰
「ふとん着て 寝たる姿や 東山」とも詠われた、なだらかな起伏を持つ東山の山なみ。街からも近く、京都のたたずまいに潤いを与えている。

価格 :各¥14,300(税抜) サイズ展開:22.5 ~ 28.5cm ※0.5cm 刻み

素材、製法にも日本の伝統を取り入れて

これらのテキスタイルをあしらうアッパー生地には滋賀県高島市で織られた「高島帆布」を使用し、京都の着物文化を支えてきた「手捺染(てなせん、別名・京型友禅)」で染め上げた。職人の熟練した技を要する技法が、機械では出せない深い趣きを生み出している。さらに、日本国内の工場で丁寧に仕上げることで、美しい細身のシルエットと足にフィットしやすい履き心地をかなえている。日本とフランス、優雅な2つの伝統が織りなす履き心地を楽しみたい。

新作5モデルを含むコラボライン「SOU・SOU le coq sportif」全品は、京都市内の直営店およびネットショップで販売中だ。

外部リンク:SOU・SOU le coq sportif

こちらもどうぞ