SPEEDPLAYのペダル型パワーメーター「POWRLINK ZERO」ついに発表|Wahoo

ニュース,製品情報

Wahooが、かねてから公表していたビンディングペダル「SPEEDPLAY」プラットフォームを使用したペダル型パワーメーター「POWERLINK ZERO(パワーリンク ゼロ)」を発表した。日本発売は2022年5月頃を予定している。以下、プレスリリースより紹介。

POWRLINK ZERO ー 初の両面エントリーできるペダル型パワーメーター

POWRLINK ZEROは、2021年にWahooがアップデートして再登場する前に、すでに熱狂的で忠実な支持を得ていた伝説のペダルシステムSPEEDPLAY ZEROをベースに構築されています。Wahoo SPEEDPLAYの他のシリーズと同様に、POWRLINK ZEROは便利な両面エントリー、低いスタックハイト、0~15度の間で調整可能なフロートを特徴としています。ペダル型の設計により、パワーメーターを複数のクランクセット間で簡単に切り替えられるので、アスリートはどんなバイクを選んでも、パワートレーニングの恩恵をフルに受けることができます。片側パワーメーター、および両側パワーメーターの2タイプで発売されます。

パワーメーターは精度が重要です。Wahooは、KICKRシリーズのスマートトレーナーの特徴である±1%の精度を、POWRLINK ZEROでも再現しました。さらに、1回の充電で75時間の走行が可能な充電式バッテリー、ANT+およびBluetoothによる他社製アプリやデバイスへの接続、従来のSPEEDPLAY ZEROクリートとの互換性を備えており、POWRLINK ZEROはこだわりを持つアスリートに選ばれるパワーメーターとなるべく位置づけられています。

新型POWRLINK ZEROは、片側ペダル仕様(左側ペダルのみパワーメーター)で250g、両側ペダル仕様で276gと軽量です。希望小売価格は、それぞれ72,000円(税別)、113,000円(税別)です。日本国内での販売は5月頃を予定しています。

問い合わせ/Wahoo

 

こちらもどうぞ