医師とともに開発、ドイツのアクセサリーブランド「SQlab」日本上陸

ニュース,製品情報

ドイツのアクセサリーブランド「SQlab」の販売が日本で開始された。特徴は自転車に精通する医師が開発に関わっていることで、サドルの計測システムを業界で初めて開発・導入したことでも知られている。以下、プレスリリースより紹介。

「SQLab」ラインアップ

Saddle 612 Ergowave S-tube

価格:20,900円
ロード向けモデル612のスタンダードグレードで、コストパフォーマンスに優れるS-tubeレール採用。よりお手軽にステップサドルの性能を楽しむことができます。ひとまずSQlabサドルのテクノロジーを試してみるのに最適なモデルです。

Saddle 611 Ergowave Fabio Wibmer

価格:20,900円
S-tubeレール使用の MTB向けモデル611 Fabio仕様です。

613 R integrated bottle holder

価格:6,600円
613 Ergowave R サドル専用のボトルケージアダプターです。サドルの専用台座にボルト2本で固定することで、より安定して固定することができます。3カ所のボトルケージ固定台座があり、センターに1つもしくは左右に2つの取り付けが可能です。収納したボトルは進行方向に傾き、ボトルの取り出しも格段に容易になります。最大積載量1.5kg。

Grip 710

価格:5,500円
圧迫の圧力分散は702よりも若干劣りますが、通常のエルゴグリップに比べると優秀です。手根管出口での圧力は、手の外側の最大圧力のおよそ三割と低く、神経への圧迫は十分に緩和できます。702に比べ軽量ですので、よりスポーティーさをお求めの場合は710をチョイスしてください。

Grip 7OX

価格:4,730円

詳細:SQlabウェブサイト

こちらもどうぞ