帆布の老舗タケヤリが提案する撥水性抜群の「サドルバッグ」、好評完売後の再販ついに開始

ニュース, 製品情報

帆布の老舗タケヤリが、クラウドファンディングサイトで目標の250%を上回る支持を受けたサドルバッグの再販を開始した。クラウドファンディング後の一般販売でも完売となった人気のアイテムを手に入れるチャンスだ。

撥水タイガー帆布を使用したサドルバッグ、反射テープ付きで安全も考慮

今回再販を開始するのは、揮発性の高い上質な生地「撥水タイガー帆布」を使用したサドルバッグ。クラウドファンディングサイト・Makuake(マクアケ)で目標の250%以上を達成し、その後の一般販売も好評で完売していた商品だ。サイクリストのバッグデザイナーと縫製工場の方にヒアリングし、「使い手目線」が反映された使い勝手の良さを追求したものとなっている。

撥水タイガー帆布とは、トラックの幌や自衛隊のテントにも使われている技術を応用して、強力なパラフィン(ロウ) 加工を施したタケヤリ独自の生地。 急に雨が降り出した時にもスマートフォンなどを守ってくれる撥水性と、ガシガシと使える耐久性がサドルバッグにぴったり。使い始めは固く感じられるかもしれないが、徐々に柔らかく馴染んでいく。帆布ならではの経年変化も楽しめるという。

サイズ感は小さめで、乗り降りやペタリングの妨げにならないコンパクトなフォルム。内側にはファスナーポケットが備わっているので、細々とした小物が入れやすいのも嬉しいポイント。また収納物が出し入れしやすいよう、開口部も大きく取ってあり、必要な荷物だけをサッと入れ、走りに集中することができる。ベルクロなので自転車への着脱は簡単で、駐輪するときはサドルバッグも外して一緒に持ち運べる。本体フタの部分にはリフレクター素材の反射テープが施されており、安全も考慮されている。さらに、万が一雨水が入っても内部に水が溜まらないよう水抜き穴も用意されており、まさにサイクリングのための設計がいたるところに取り入れられていると言えるだろう。

帆布ならではの味わいのある生地を使用しているからこそ、同じブラックでも周りと差がつくアイテム。ポイントになる生地と同色のワッペンも、大人なスポーティさを演出する。カジュアルに寄りすぎず、通勤や私服スタイルにもしっくりくるデザインは、日常使いでも活躍してくれるだろう。

撥水タイガー帆布 サドルバッグ 仕様

¥7,000+税
サイズ:W:85〜130mm×H:170mm×D:20〜50mm

外部リンク:タケヤリ オンラインショップ 撥水タイガー帆布 サドルバッグ

こちらもどうぞ