Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

新着ピックアップ

【ツール・ド・フランス2019】第11ステージ、ユアンついに初勝利

ニュース

2019年7月17日、最初の休息日後再開したツール・ド・フランスは、第11ステージを迎えた。ピレネー山脈へと向かうスプリンター向けの平坦なレイアウトで、きっちりと勝利を挙げるのは誰か。

ピレネーへ向かう「旅のステージ」

最初の休息日開けの第11ステージは、中央山塊を無事越え、ピレネーへと向かう旅のステージ。序盤に緩やかな低級山岳を過ぎた後は、ほぼ真っ直ぐ南西方向、ピレネーに針路を定める。フィニッシュ地のトゥールーズ市街へ入っても特にトリッキーなレイアウトはなく、スプリンターのためのステージと言える。

スプリントに向け、静かに進む

この日はそういったコースレイアウトということもあり、スタート直後に4人の逃げ集団が形成されても、すぐに容認された。この日のスタート地アルビが出身地のリリアン・カルメジャーヌ(フランス、トタル・ディレクトエネルジー)、アントニー・ペレス(フランス、コフィディス ソルシオンクレディ)、ステファヌ・ロセット(フランス、コフィディス ソルシオンクレディ)、アイメ・デヘント(ベルギー、ワンティ・ゴベール)の4人が、道中のほとんどを逃げていく。メイン集団は彼らと3分以内の差を保ちながら、淡々と距離を進めていった。

最終スプリント、クレバーな追い出しで競り勝ったのは

基本的には穏やかな道中であったが、残り30km付近でメイン集団に数人規模の落車が発生。巻き込まれたのはナイロ・キンタナ(コロンビア、モビスター)、リッチー・ポート(オーストラリア、トレック・セガフレード)、マイケル・ウッズ(カナダ、EFエデュケーションファースト)、ジュリオ・チッコーネ(イタリア、トレック・セガフレード)、ニキ・テルプストラ(オランダ、トタル・ディレクトエネルジー)ら。キンタナ、ポート、ウッズは集団へ復帰できたが、チッコーネは戻れず大きくタイムを失い、テルプストラは負傷でリタイヤとなってしまった。

その後、逃げ集団は最終的に残り5km弱で吸収され、最終スプリントの争いに。第7ステージで勝利しているディラン・フルーネウェーヘン(オランダ、ユンボ・ヴィスマ)が、アシストのほぼ完璧なリードアウトを受けスプリントを開始して伸びる中、その後ろでチャンスをうかがっていたカレブ・ユアン(オーストラリア、ロット・ソウダル)がそれ以上の加速で捲り、2人がほぼ同時にゴールラインへ。わずか数cmの差で、ユアンがツール初勝利を達成した。これで彼はすべてのグランツールで勝利を挙げたこととなる。

なおこの日は途中の落車で遅れたチッコーネ以外は集団内でゴール。勝利を飾ったユアンと同タイム扱いだったため、各賞ジャージの顔ぶれは変わらなかった。