Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

新着ピックアップ

【ツール・ド・フランス2019】第2ステージはユンボ・ヴィスマ イネオスも強さ見せる

ニュース

2019年7月7日、ツール・ド・フランスは第2ステージのチームタイムトライアルを迎えた。最初にフィニッシュしたチームイネオスが圧倒的とも思えたタイムを叩き出し、最後まで暫定トップを維持していたが、最終スタートのユンボ・ヴィスマがそのタイムを20秒も上回る驚異的なタイムでトップを奪取、優勝を決めた。

チームイネオスが最終盤まで暫定トップ

この日の第2ステージは、昨日と同じブリュッセルの王宮前をスタートし、1958年開催のブリュッセル万国博覧会時に造られたモニュメント「アトミウム」付近でフィニッシュする27.6km。緩やかな勾配と下り坂で構成された、高速タイムが予想されるプロファイルだ。

最初にスタートするのが、個人総合候補を複数抱え、アシストの陣容も磐石と言われるチームイネオス。前評判の高さを考えると、最初から優勝に近いタイムを出すのではと予測はされていたが、蓋をあければ平均時速56kmを越える29分18秒。基準タイムとするには非常に高い水準となった。

その後にスタートした有力チームはこのタイムを前にことごとく苦戦した。ティボ・ピノー(フランス)を擁するエフデジは12秒弱の遅れ、現在早くもマイヨヴェール(ポイント賞)ジャージを着るペテル・サガン(スロバキア)のボーラ・ハンスグローエは26秒弱の遅れでフィニッシュ。個人総合上位の有力候補であるイェーツ兄弟(イギリス)のミッチェルトン・スコットは、22秒弱の遅れとなった。

最後の最後にトップ交代、そのチームは

最終盤が近づくにつれ、ドゥークニンク・クイックステップが肉薄するタイムを出すなか、現在個人総合トップのニケ・トゥーニセンを抱えるユンボ・ヴィスマが全チームの最後にスタート。タイムトライアルのスペシャリストで、世界選手権優勝経験者、直前の国内選手権でも王者となったトニー・マルティン(ドイツ)が隊列を率いるだけに、連日の優勝に期待がかかった。

中間計測時から圧倒的な速さを見せたユンボ・ヴィスマは、後半も疲れを見せることなくスピードを維持。平均時速58km越えの驚異的なスピードで、イネオスに20秒もの差をつけ最後の最後で逆転優勝。チームとしては昨日に引き続き連勝となり、ニケ・トゥーニセンはマイヨジョーヌを守った。

ツール・ド・フランスは明日の第3ステージ途中から、いよいよフランス本国に走りを進める。