【ツール・ド・フランス2020】今夜開幕!全チーム紹介します②

ニュース

©️A.S.O.-Pauline-Ballet

コロナ禍で一時期開催が懸念されていた、サイクルロードレース界最大のイベント「第107回ツール・ド・フランス」が現地時間29日夕に開幕する。27日、第1〜3ステージまでの発着地となるニースで出場全チームのプレゼンテーションが行われた。間もなく始まる祭典を楽しんでいただくため、全チーム、全選手をプレゼンテーション時の情報とともに紹介する(前編はこちら)

コフィディス

コフィディス出場メンバー

シモーネ・コンソンニ(イタリア)
ヘスス・エラダ(スペイン)
クリストフ・ラポルト(フランス)
ギヨーム・マルタン(フランス)
アントニー・ペレス(フランス)
ケニース・ファンビルセン(ベルギー)
エリア・ヴィヴィアーニ(イタリア)

フランス国民が期待する地元チームのひとつ。いよいよ母国チームに入ったギヨーム・マルタン(フランス)が事実上のエースだ。総合表彰台は厳しいが、もしチームが目標とする5位以内に入れれば、次のフランスの英雄としての地位を固めるだろう。そこまでは至らないにしても、中堅どころを揃えたアシストがステージ優勝のお膳立てをしてくれるかもしれない。

トタル・ディレクトエネルジー

トタル・ディレクトエネルジー出場メンバー

レオナルド・ボニファツィオ(イタリア)
マチュー・ブルゴドー(フランス)
リリアン・カルメジャーヌ(フランス)
ジェローム・クザン(フランス)
ファビアン・クルリエ(フランス)
ロマン・シカール(フランス)
ジョフレ・スープ(フランス)
アントニー・テュルジス(フランス)

レオナルド・ボニファツィオ(イタリア)以外はフランス国籍の選手という、国民の愛国心をくすぐるメンバー選出だ。唯一の外国籍選手となったボニファツィオと国内ライバルチームへの移籍をすでに発表しているリリアン・カルメジャーヌ(フランス)を中心に、ステージ優勝を狙う。

ロット・スーダル

ロット・スーダル出場メンバー

ステフ・クラス(ベルギー)
ジャスパー・デブイスト(ベルギー)
トーマス・デヘント(ベルギー)
ジョン・デゲンコルブ(ベルギー)
カレブ・ユアン(オーストラリア)
フレデリク・フリソン(ベルギー)
フィリップ・ジルベール(ベルギー)
ロジャー・クルーゲ(ドイツ)

ステージ優勝を狙う有力者が目白押しの豪華布陣。ピュア・スプリントのコースではカレブ・ユアン(オーストラリア)、登りが少し含まれるような平坦コースではジョン・デゲンコルブ(ベルギー)、クラシックのような厳しいプロファイルのステージではフィリップ・ジルベール(ベルギー)と、実績も名前も申し分ない、非常に強力な選手が役割分担しつつ虎視眈々とステージを狙うだろう。

バーレーン・マクラーレン

バーレーン・マクラーレン出場メンバー

ペッロ・ビルバオ(スペイン)
ダミアーノ・カルーゾ(イタリア)
ソニー・コルブレッリ(イタリア)
マルコ・ハーラー(スイス)
ミケル・ランダ(スペイン)
マテイ・モホリッチ(スロベニア)
ワウト・ポエルス(オランダ)
ラファエル・バルス(スペイン)

先日伝えた通り、ミケル・ランダ(スペイン)を単独エースに指名し総合上位を狙う。アシストの中心もペッロ・ビルバオ(スペイン)、ワウト・ポエルス(オランダ)、マテイ・モホリッチ(スロベニア)と頼もしいメンバーだ。

トレック・セガフレード

トレック・セガフレード出場メンバー

ニクラス・エイ(デンマーク)
ケニー・エリッソンド(フランス)
バウケ・モレマ(オランダ)
マッズ・ピーダスン(デンマーク)
リッチー・ポート(オーストラリア)
トムス・スクインシュ(ラトビア)
ジャスパー・ストゥイヴェン(ベルギー)
エドワード・トゥーンス(ベルギー)

リッチー・ポート(オーストラリア)バウケ・モレマ(オランダ)をダブルエースとして臨む。ただ、どちらも実績と安定感のあるステージレーサーだが絶対的なストロングポイントに欠ける。アシスト陣は申し分ないメンバーが揃っているだけに、どこまで総合上位に顔を出せるか。

ミッチェルトン・スコット

ミッチェルトン・スコット出場メンバー

ジャック・バウアー(ニュージーランド)
サム・ビューリー(ニュージーランド)
エスデバン・チャベス(コロンビア)
ダリル・インピー(南アフリカ)
クリストファー・ユールイェンセン(デンマーク)
ルカ・メズゲッツ(スロベニア)
ミケル・ニエベ(スペイン)
アダム・イェーツ(英国)

チームはメンバー発表時に、昨年に引き続きステージ優勝を狙うと公言している。その中心はアダム・イェーツ(英国)だ。山岳に強いエスデバン・チャベス(コロンビア)、アップダウンの多い平坦ステージではダリル・インピー(南アフリカ)にも期待できる。昨年のステージ3勝を越えられるか。

 

こちらもどうぞ

ニュース

Posted by ロバ