トレック 自転車利用促進で地球環境を守るキャンペーン「#GoByBike」を開始

ニュース, イベント情報

トレックがインスタグラムを利用した新たなブランドキャンペーン「#GoByBike」を開始した。世界各地で、外出自粛による車の移動が激減した結果、大気汚染が大幅に改善されたと報告されていることを受け、自転車利用を促進し地球環境を守ろうという運動だ。

ハッシュタグ「#GoByBike」で自転車利用を勧めよう

今回、トレック・ジャパンは、新たなブランドキャンペーン「#GoByBike」を5月19日より開始した。このブランドキャンペーンは、ソーシャルメディアのハッシュタグ「#GoByBike」を世界中で定着させることで自転車利用を促し、地球環境を守る機運を高めようというものだ。

ここ数か月のコロナウイルスの世界的蔓延により、世界中の国や地域でロックダウンや外出自粛が行われた結果、車での移動が激減し、日常的な移動でクロスバイクやe-Bikeを使い始める人が増えている。このことが直接的な原因かは分かっていないが、地球の大気汚染が大幅に軽減されたことが世界各地で報告されている。NASAの人工衛星の測定データによれば、アメリカ北東部上空の大気中の窒素酸化物は30%減少したという。また、インドのニューデリーでは、1,100万台の車が外を走れなくなったことによって大気汚染が大きく改善され、青空が広がった。

トレックではこの事実から私たちが学べることは2つあるとしている。

1. 世界的で大規模な活動を行うことで、わずか2か月程度で大気汚染は大幅に改善すること。
2. 多くの人が一気呵成に取り組めば、世界は変えられるということ。

コロナウイルスが収束した後、また元の生活に戻って、自動車に乗って空気を汚し始めるのか、自転車に乗ってより良い世界を作るか。トレックは今回開始する「#GoByBike」キャンペーンを通じ、さらに自転車利用を促進したい考えだ。

「#GoByBike」キャンペーン参加方法

同社では趣旨に賛同する方に、以下の行動で参加することを呼びかけている。

1.週に1回以上、自転車を使って移動する
2.ライド中に写真を撮り、#GoByBikeと付けてインスタグラムへ投稿する
3.他の人をタグ付けし、参加者を募集する

 

外部リンク:トレック・ジャパン #GoByBikeページ

こちらもどうぞ