「すべてのトレイルを征す」革新的なエアショックテクノロジーを搭載した新「Stumpjumper 15」|SPECIALIZED

ニュース

本サイトにはプロモーションが含まれています

「SPECIALIZED(スペシャライズド)」が、15代目となる新MTB「Stumpjumper 15」を発表した。新しいエアショック・テクノロジーで、ロング・ショートトラべルバイク双方のメリットを取り込んだ画期的な一台となっている。以下、プレスリリースより紹介。

「すべてのトレイルを征す」一台

新登場のStumpjumper 15(スタンプジャンパー15)は、トレイルで「二兎を追う者は二兎をも得られる」バイク。DHバイクのように大きなバンプをたやすく飲み込み、ショートトラベルバイクのように細かな操作や軽快さを楽しめ、効率的にペダリンできます。さらには、一番優先されるべきライダー自身の好みに、各部を調整して完璧に合わせられるのです。

その鍵を握るのが、特許出願中のGENIE(ジーニー)エアショック・テクノロジー。コイルショックのような作動感と操作性、標準的なエアスプリングより優れたボトムアウト耐性、軽快な走りを実現できるチューニング可能なプラットフォームを可能にする画期的なテクノロジーです。

多様な力で作り上げた一台、スペシャライズド・ライドダイナミクスチーム

50名以上の開発チームメンバーは全員がライダーで、3年をかけてStumpjumper 15を開発しました。中でもライドダイナミクスは、フルサスペンションバイクをあらゆる角度から開発。フレーム、ジオメトリー、サスペンションキネマティクス、ショックやフォークなどのコンポーネントのすべては一つとなって、バイクの乗り味に影響を与えます。このため、ライドダイナミクスはこれらの要素を一つとして捉え、開発や調節を重ねています。その結果、各部がピタリと噛み合い、まるでバイクが消えたかのようなすばらしい走りをトレイルで体験できるのです。

飛躍的進化を遂げた走破性

ライダーが選びやすいシンプルさを求め、新しいStumpjumper 15は1モデルに集約。どんなトレイルも1台でこなすには、激しいセクションやさまざまなコンディションに挑めなくてはなりません。そこで、サスペンション、ジオメトリー、フレーム、サイジング、スペックを相互に機能させ、連続する段差、大きなジャンプやドロップ、真っ逆さまに落ちる急斜面、テクニカルな上り、岩、木の根、タイトコーナーも落ち着いて臨めるようにしました。新しいStumpjumper 15は年間バイク大賞受賞のStumpjumper EVOよりバンプ吸収性能が16.3%向上*。これにより、自信がついて走りの可能性が広がり、多くのトレイルやコンディションをより深く楽しめるようになります。

究極のコントロール性

ライドダイナミクスチームは、バイクの能力を大幅に高めるサスペンションを全体的に開発。激しいセクションも落ち着いて臨むことができ、ときにはショートトラベルバイクのような快活な走りも楽しめるプラットフォームが完成しました。

Stumpjumper 15はある程度の大きさまでのバンプを巧みに吸収し、鋭い突き上げを飲み込み、大きなドロップの着地ではボトムアウトを感じさせません。走りをサポートするプラットフォームとして機能し、ペダリングの入力にも十分なレスポンスを見せるのです。フィールドテストでは、Stumpjumper 15に搭載されるGENIEショックは、標準的なエアスプリングと比べ、トラクションが抜ける時間を57%、激しいボトムアウトを39%減らすことがわかっています*。

*フィールドテストについての詳細はホワイトペーパー参照

GENIE 搭載のStumpjumper 15は、「トラベルが多い=走破性が高い」というこれまでの概念を見事に打ち砕きます。定評あるEnduroと比べると、トラベルが25mm短いながらも、バンプゾーン内で使われるトラベル量や特性は変わりません。このバンプゾーンとは、トレイルの主なバンプがサスペンションを動かす衝突力の範囲のこと。たとえば体重70kgのライダーの場合、この範囲は700〜1,200Nとなります。

GENIEショックテクノロジー、まさに魔法の絨毯

GENIEに初めて乗ると、これまでのどのリアショックとも違う動きに驚くはず。タイトターンの続くセクションではトラベルのほとんどを使うことから、ターンの一つひとつで路面をがっしりと掴んでいる感覚を得られます。トラベル終盤で強まるスプリングレートのおかげで、バイクを振り回して楽しめる一方、はるかにトラベルの多いバイクのようにバンプを平然と飲み込んでくれます。この新たな走り方にあなたの体もすぐに慣れ、GENIEがもたらす「良いとこ取り」の走りに惚れ込むでしょう。それだけでなく、エアチャンバーのボリュームスペーサーを足したり抜いたりすれば、トラベル中盤と終盤のスプリング特性を独立してあなたの走り方やその日走るトレイルに合わせられます。GENIEはトレイルライダー誰もが持つ、3つの願いを叶えます。それはコイルショックのような作動感と操作性、ボトムアウト耐性、軽快な走りを実現するチューニング可能なプラットフォームです。

GENIEとは、そしてその仕組みは?

GENIEは、スペシャライズドが特許出願中のPneumatic Spring Assist(PSA)で、エアスプリングイノベーションのこと。独立した2つのポジティブ・エアチャンバーをつなげて全体的なエアボリュームを増やし、全トラベルの序盤70%であるバンプゾーンでは、スプリング曲線がかなりリニアです。この柔らかめの作動感が、バンプゾーンでコイルショックのような衝撃吸収性を発揮するのです。ショックがトラベル終盤30%に達すると、GENIEバンドがスライドして外側のエアチャンバーに繋がるポートを塞ぎ、全体的なエアボリュームを効果的に減少。よりプログレッシブなスプリング曲線となり、通常のエアスプリングよりボトムアウト耐性が高まります。まさにコイルショックとエアショックの良いとこ取りであり、さらにチューニング性に優れ、妥協が一切ないのです。

幅広いカスタマイズオプション

Stumpjumper 15の優れたカスタマイズ性は画期的なGENIEショックだけではありません。もちろんジオメトリー調節機構が組み込まれ、カスタマイズ性が非常に高まっています。選べるジオメトリーは全6種類。スタイルやトレイルに適した走りを叶えるジオメトリーが見つかります。ヘッドアングルは特殊な偏心円型のアッパーヘッドセットカップを回転させて、63度から65.5度にセットできます。ホルストリンクのチップをひっくり返せば、BBハイトが7mm変化。下げれば安定性が高まり、上げれば路面とのクリアランスを広げられます。

ダウンチューブストレージも搭載

Stumpjumper 15に搭載されるSWAT 4.0(スワット4.0)は、スペシャライズドが先駆けとなった ダウンチューブストレージの最新世代。スムーズに開閉でき、耐水性が高く、 フレームのデザインを乱さないシステムです。

Stumpjumper 15 ラインアップ

S-Works Stumpjumper 15 Frameset

価格:¥539,000 (税込)
カラー:1色(Satin Nrly Blk / Blk / Cool Grey / Obsidian / Satin Dove Grey)
サイズ:S2、S3、S4

詳細:スペシャライズド公式オンラインショップ

Stumpjumper 15 Expert

価格:¥990,000 (税込)
カラー:1色(Gloss Gunmetal / White Mountains)
サイズ:S1、S2、S3、S4

詳細:スペシャライズド公式オンラインショップ

Stumpjumper 15 Comp

価格:¥715,000 (税込)
カラー:1色(Satin Burnt Gold / Gunmetal)
サイズ:S2、S3、S4

詳細:スペシャライズド公式オンラインショップ

Stumpjumper 15 特設ページ(スペシャライズド公式ホームページ)

こちらもどうぞ