西日本最大のe-MTB専用コースが6月27日オープン トレックのカーボンe-MTBもレンタル可能

ニュース, イベント情報

兵庫県豊岡市にあるアクティビティ施設「アップかんなべ」に、西日本最大のe-MTB専用コースが6月27日(土)にオープンする。トレックのカーボンe-MTB「Rail 9.7」もレンタル可能で、初心者でも愛好者でも、それぞれの楽しみ方で気軽にMTBコースを楽しめるコースだ。

現役プロライダー監修、西日本エリア最大

今回オープンするコースは、『BOSCH Uphill Flow Volcano(ボッシュ アップヒル フロー ボルケーノ)』と呼ばれるe-MTB専用コース。プロマウンテンバイクライダー・阿藤寛氏の監修のもと昨年7月に開設されたMTB専用コース「UP MTB PARK IN KANNABE」内に併設される。同施設は、本格的でテクニカルなセクションだけでなく、スキルを問わず気軽に神鍋高原の絶景や神鍋山の噴火口の迫力などの景色をも楽しめるコース設計が好評で、オープンを迎えた1年目から、多くのマウンテンバイクユーザーやマウンテンバイクに興味を持つ初心者などが訪れているという。またパーク周辺は、手ぶらで楽しめるグランピングをはじめ、熱気球やパラグライダーなどさまざまなアクティビティが体験でき、友人や家族と一緒に楽しめるマウンテンバイクフィールドとなっている。

『BOSCH Uphill Flow Volcano(ボッシュ アップヒル フロー ボルケーノ)』では、e-MTBの楽しさをより体感できるよう、アップヒル(登り)中心のコースレイアウトになっているという。

世界トップクラスのトレックE-MTB「Rail 9.7」をレンタル可能

トレックのE-MTB「Rail 9.7」 (c)トレック・ジャパン

オープンにあたり、このコースではBoschのe-MTB専用の最新ドライブユニット「Performance Line CX」を搭載したハイパフォーマンンスモデル「Rail9.7」をレンタル用に準備した。Rail 9.7は、40年以上にわたりマウンテンバイクを開発して生まれたトレック独自の強くて軽いOCLV カーボン素材や、ブレーキ時もしっかりとサスペンションを効かせるABP(アクティブブレーキングピボット)などの技術がふんだんに搭載された、トレックのe-MTBのなかでも最高峰モデル。「e-MTB モード」は適材適所でアシストが働き、登りですら楽しさを覚えるライドが楽しめるだろう。コースでは、e-MTB以外にも通常のMTBのRemedy などもレンタルが可能。利用は当日予約制だ。

Rail 9.7 スペック

・フレーム:OCLV mountain カーボン
・フロントサスペンション:RockShox Yari RC 160mm
・リアショック:RockShox Deluxe RL 150mm
・ドライブユニット:Bosch Performance Line CX
・価格:790,000円(税抜)
製品ページはこちら→https://trek.bike/rail_pr

BOSCH Uphill Flow Volcano コース概要

・コース名:BOSCH Uphill Flow Volcano
・所在地:兵庫県豊岡市日高町栗栖野59-78 UP MTB PARK IN KANNABE内
・レンタル料金:Trek Rail 9.7 2時間レンタル7,000円
・コース全長:1.3km
・HP:http://www.kannabe.co.jp/up-mtb-park
※当日予約制
※e-MTB以外も通常のMTBのRemedyなどもレンタルが可能です
※レンタル料金とは別に施設利用料金が必要となります
※詳細は当パークHPをご確認ください

こちらもどうぞ