ピュアレーシングモデル「V3」リニューアル、ケーブル内装化さらに進める|COLNAGO

製品情報

「COLNAGO(コルナゴ)」のピュアレーシングモデル「V3」がリニューアルされた。カラーリングを一新したほか、ケーブル内装化をさらに進めている。以下、プレスリリースより紹介。

ピュアレーシングモデル「V3」がリニューアル

優れたエアロダイナミクスとコルナゴ伝統の加速性能を誇るV3-RSと同型のモールドを採用した、ピュアレーシングモデル「V3」がリニューアルしました。ステムからフォークコラム内へ通すことで、ハンドル周りのケーブル類が内装化できるようになりエアロダイナミクスが向上しました。カラーリングも一新し、よりモダンでシンプルなデザインになっています。

MKBR[ マットペトロールブルー ]
日本ではあまり馴染みのない色名ですが、イタリアをはじめヨーロッパや欧米では一般的なブルーグリーン系のカラーです。白抜きのロゴとも相まって地中海を思わせるカラーとなっています。アクセントカラーにゴールド系のイエローオーカーを用いるなど、イタリア人の色彩感覚を感じるメイドインイタリーらしい配色となっています。

MKBR[ マットカーボン ]
マットブラックのフレームにグロスブラックでCOLNAGOロゴがデザインされ、よりシンプルでモダンなバイクにブラッシュアップされました。フレーム全体がブラックで統一されることで、アクセントカラーのレッドの美しさも際立ちます。

MKWK[ ホワイト ]
モノトーンに統一され、フレーム全体が落ち着いて高級感のあるマットカラーになりました。ブラックパーツとの相性もよく、どんなスタイルでもマッチする品格のあるデザインです。

完成車として「ULTEGRA Di2」「SRAM RIVAL AXS」「105 Di2」の3バリエーションを用意しています。スペックについて詳しくは、プロダクトページをご覧ください。

詳細:COLNAGO ホームページ

こちらもどうぞ