京都の名店「VIGORE」、30年伝統続く「クロモリレーサー」の設計刷新 受注スタート

お店情報,製品情報

自転車のまち京都を代表するビルダーのひとつ、「VIGORE(ビゴーレ)」のオーダー車「クロモリレーサー」が30周年を迎え設計を刷新、受注を開始した。日本のビルダーの生き字引とも言えるビルダー片岡聖登氏の長年の技術を投入した、サイクリングのエッセンスを楽しめる「最初の1台」にふさわしいものとなっている。以下、プレスリリースより紹介。

クロモリレーサー30周年を機に、新デザイン

「クロモリレーサー」は2022年に発売30周年を迎え、常に設計にアップグレードを加えています。
これまでのクロモリレーサーのフレームとフォークは以前までのコンポーネントやホイールの使用を想定し伝統的な剛性のバランスで設計していました。現在ではその頃からコンポーネントやホイールの設計も随分変わりました。フロントフォークのパイプは肉厚を薄くし、外径を太くすることによって剛性が上がり、また軽量になりました。また、フレームも現在の高剛性の部品の性能を十分活かす為、乗り手の力を最大限に発揮できるバランスのいいものに仕上げるためにビゴーレの経験が存分に活かされています。この新しいフレームとフォークは、クッション性(快適性)と剛性のバランスが良く、乗り手の力を確実に前に進む力に変換する良く走る自転車へと生まれ変わりました。従来からの美しいシルエットを残しつつ、その時代に合わせたデザイン性の高いビゴーレのベストセラーです。

デザインに込めた、VIGOREのビルダー片岡聖登の想い時に合わせて進化をさせてきたクロモリレーサー。今回の新デザインは、さまざまな乗り手の理想の時の過ごし方に対応できるものとなりました。日々の移動自体を特別な時間になるように。そして、週末の自分ペースのサイクリング、スピード感のあるレース走行も愉しむことができるように。そのような想いを込めてデザインしました。どこか遠いところまで自転車に乗りに行かなくとも、どの場所でも本来は特別な時間を感じられる場所だとVIGOREは考えています。季節によって違う景色や空気、街並みも日々変わります。このクロモリレーサーが、乗り手にとって、永く乗り続ける相棒の1台となり、日常の移動を非日常の時間に変換する道具となることを願っています。

新デザイン3つの特徴

28cまでのタイヤに対応

28cまでのタイヤの対応できる設計になりました。乗り方に合わせてタイヤ経を変更できる為、スピード感のあるレース走行から、普段の生活、そして荷物を積んだサイクリングまで、幅広く対応することができます。
(推奨タイヤ幅:700c×25c〜28c)

フロントフォークの肉厚を薄く・外径を太く

これまでは、23c幅のタイヤの使用を想定し、伝統的な剛性のバランスで設計していました。今回は、28cまで対応するため、パイプの肉厚を薄くし(1.2mmから0.9mmへ)、外径を少し太くすることによって剛性の高く(特に横剛性)、かつ軽量なフロントフォークに設計変更しました。

美しいシルエットを残しつつ、時代に合わせたビゴーレのデザイン

不要なものは削ぎ落とし、目的に応じた必要なものだけを残して生まれるそのビゴーレらしいシルエットは残しつつ、今回の設計変更を実現しました。30周年を迎えたロングセラーは、常にアップグレードをしています。

販売について

カスタム・オーダーによる受注生産の受付を開始いたしました。
※ (フレームカラー、サイズ、コンポーネント、パーツなど)

価格:¥187,000〜(税込)
納期:約 1 ヶ月

詳細:ビゴーレ・カタオカ ホームページ

こちらもどうぞ