大会史上初!『バーチャル ツール・ド・フランス』全6ステージ生中継&LIVE配信 第100回ツールの再放送も

ニュース, イベント情報

史上初めて、ツール・ド・フランスのバーチャルレース実施が決定し、7月4日から3週連続で週末に開催されることになった。日本での放送権を持つJSPORTSが、このバーチャルレースの完全生中継を決定。PC、スマホ、タブレットで見られる「J SPORTSオンデマンド」でもLIVE配信する。1週目の4日、5日は放送・配信共に無料放送だ。

Zwiftでのバーチャルレースは大会史上初!

世界最大のサイクルロードレース「ツール・ド・フランス」は、当初6月27日から7月19日に開催される予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大の影響により8月29日から9月20日に延期。これを受け、毎年レースが開催されていた7月にインドアトレーナーZwiftを用いたバーチャルレースが大会史上初めて開催されることになった。

※放送の内容は変更となる可能性がございます。 詳しくは番組サイトをご確認ください。 https://www.jsports.co.jp/cycle

バーチャルレースでは選手たちの体重や出力を計算し、仮想空間で大会を行なう。今大会使用するZwiftは、ドラフティングによる空気抵抗の軽減が反映されるためリアリティのあるレース展開に期待できるという。さらにツール・ド・フランスではお馴染みの4賞ジャージも設定。今大会ならではの駆け引きにも注目だ。

バーチャル大会には、UCIワールドチーム17チームを含む23の男子プロチームと17の女子プロチームがエントリーした。昨年、昨年初の総合優勝を遂げたエガン・ベルナル(チームイネオス/コロンビア)や、昨年14日間マイヨ・ジョーヌを着用し大活躍したジュリアン・アラフィリップ(ドゥクーニンク・クイックステップ/フランス)、過去4大会での総合優勝を誇るクリス・フルーム(チームイネオス/英国)といった世界トップ選手たちが出場を予定。スプリンターの活躍が期待される平坦ステージ、丘陵ステージ、クライマー同士の激しいバトルが見どころの山岳ステージを含む6つのステージが用意され、最初に女子レース、続いて男子レースが開催される。J SPORTSではこのバーチャルレースを全ステージを放送。男子レース、女子レース共に生中継・LIVE配信を実施する。

なおこれを記念して、本日7月2日から31日にかけ、記念すべき第100回大会、2013年のツール・ド・フランス全21ステージの再放送、再配信も予定している。2013年6月29日から7月21日にかけて行われたツール・ド・フランスの第100回大会は、史上初となるコルシカ島開幕。 ニース、 マルセイユなどのリゾート地に加え、 モン・サン・ミシェルやヴェルサイユ宮殿をはじめとした、フランスを代表する世界遺産も数々通過。 第8ステージのピレネーで最初の頂上ゴールを迎え、 マイヨ・ジョーヌ争いが熾烈を極める終盤では、 数々の名勝負、 歴史を刻んできた死の山モンヴァントゥーへの頂上ゴール、 そして頂上まで約15km、 21の九十九折が待ち受ける勝負の峠「ラルプ・デュエズ」が登場。 最終第21ステージはシャンゼリゼ通りから凱旋門を周回する100回大会の特別のナイトステージと、近代のツール・ド・フランスの見所をすべて詰め込んだ、100回目の節目にふさわしい大会だ。延期になった今年のツールを万全の準備で迎えるため、ぜひ視聴しよう。

※放送の内容は変更となる可能性がございます。 詳しくは番組サイトをご確認ください。 https://www.jsports.co.jp/cycle

 

こちらもどうぞ