世界200台、国内1台限定!日本人アーティストのペイントが施された「Filante SLR Jun Inoue」|Wilier

製品情報

110年以上の歴史を持つイタリアのバイクブランド「Wilier(ウィリエール)」が、シマノ100周年を記念してフラッグシップのエアロロードモデル「Filante SLR」のスペシャルフレームセットを発表した。日本人アーティストの井上純氏がフレームペイントを手がけている。国内では1台のみの入荷で、東京の取扱店で展示販売となる。

創業110周年の企業が、シマノ創業100年を記念したスペシャルフレーム

ウィリエール Filante SLR Jun Inoue
フレーム:M-Size
ハンドルバー:101-42㎝CC
価格:2,200,000円(税込)

110年以上もの歴史を誇り、数々のトップレースで勝利を挙げてきたウィリエールは、現在でもUCIワールドチームの「アスタナ・カザフスタン」の機材供給パートナーとしてトップレベルの選手たちを支え続けている。同時に機能美を追求したそのフォルムを芸術作品と捉え、「Unico」シリーズと題したスペシャルバイクも展開しており、今回シマノ創業100年を機に、日本人アーティストを迎えたUnicoシリーズの新作を発表した。

フィーチャーされたのは日本人アーティストの井上純氏。日本特有の繊細な精神性をアブストラクトな線で描くという独特のスタイルで注目され、2010年 米・オレゴン州ポートランドにあるナイキ本社への壁画制作、2012年には「MIHARAYASUHIRO(ミハラヤスヒロ)」のパリコレクションの舞台でライブペイントを行うなど、多技に渡り作品を発表。昨年は成田空港と羽田空港で開催された「VISION GATE」プロジェクトにも参加するなど、国際的に活躍するアーティストだ。

そんな彼がFilante SLRに施したグラフィックは、彼のスタイルをそのまま投影した、躍動的な墨を彷彿とさせる線と、赤色のアートワークとしての線。フレーム色の白もあいまって、日本を象徴する色の組み合わせに、書道とグラフィックペイントの融合がさらに重なり合うという、彼ならではの作風となっている。同じパターンの意匠はどこにもなく、どこから見ても違うデザインのペイントを楽しめる趣向となっている。

今回のスペシャルバイクは世界200台限定で、日本国内には1台のみ入荷。5月下旬よりウィリエール・コンセプトショップのプントロッソ東京にて展示販売される。

ウィリエール ブランドページ(日本取扱/服部産業)

こちらもどうぞ