新城幸也が新型コロナウイルス陽性 自宅療養中で回復途上

ニュース,レース

©️A.S.O./Fabien Boukla

新城幸也(バーレーン・ヴィクトリアス)が新型コロナウイルス陽性となったことが発表された。今月6日まで開催されていたUCIレースに出場中に感染したものとみられる。20日から出場予定だった「UAEツアー」は欠場し自宅療養を続けるとのことだが、症状は回復しまもなくトレーニングを再開する予定。

現在は症状も回復途上

2月2日~6日に開催されたUCIレース『ポルタ・ア・ラ・コムニタ・バレンシアナ』に出場していた新城幸也だが、レース後、のどの痛みや倦怠感など異変を自覚し検査した結果、陽性反応が出た。このレースは開催中にスタッフの感染で3チームが途中撤退するなど、いわゆるオミクロン株の猛威に晒されていたが、バーレーン・ヴィクトリアスのチーム内でもレース後、新城含め複数のメンバーが感染したことが分かったという。

関係者によると現在自宅療養しており、当初の症状は回復しつつある。まもなくトレーニングを再開する予定だが、出場予定だったUAEツアー(20日開幕)は回避しコンディション調整に努める。今後のレース予定は追って発表される。

こちらもどうぞ